Skynetを使って簡単にファイルをアップロードしよう

Skynetを使って簡単にファイルをアップロードしよう

スポンサーリンク

Skynetとは?

分散型ストレージなどを手掛けるSiaは、新たにパブリックな分散型ストレージサービス「Skynet」をローンチした。誰でも動画やテキストなどをアップロード可能で、…
coinpost.jp

Siaを使ってデータをホストしたり、ウェブアプリケーションを運営したりすることができるサービスです。
現在(21/07)無料で100GBまで使用することができ、月80ドル払うと最大20TBまで使用することができるそうです。
運営はSiaという分散型ストレージサービスを運営しているNebulous Labs。
Siaについてはこちらの記事が参考になるかもしれません。

ブロックチェーンを用いて、自分のコンピューターのストレージの空き容量をシェアしたり、利用者からシェアされたストレージの空き容量を借りたりすることができるクラウド…
gigazine.net

使い方

Skynet is a decentralized file sharing and content distribution protocol
siasky.net

試しにこの記事のアイキャッチ画像をアップロードしてみます。
今回は公式のポータルを使用。

アップロードしてしばらく待つと…

こんな感じでSkyリンクとともにアップロードされます。
アカウント登録なしの場合は、90日でファイルが削除されるそうです。

Python

Skynetは開発者向けにSDKを提供しており、以下の言語をサポートしています。

  • Shell(curl)
  • JavaScript
  • Node.js
  • Python
  • Go

今回はPythonで試してみます。
公式のドキュメントでサンプルのコードが提示されているので、そちらを使用していきます。

import siaskynet as skynet

# クライアントの作成
client = skynet.SkynetClient()

# アップロード
skylink = client.upload_file("./skynet.png")
print("Upload successful, skylink: " + skylink)

# ダウンロード
client.download_file("./skydl.png", skylink)
print("Download successful")

アップロードされると、skylinkが表示されます。

ダウンロードするときはこのようになります。

用途

ちょっとした画像をアップロードしたり、普通のファイルアップローダーとして使ったり、ファイル共有用として使うのに便利だと思います。